肩こりの専門家 吉田一也先生のお店の場所や料金をご紹介!【世界一受けたい授業】

バラエティ

みなさん、こんにちは。

4/16(土)放送の

『世界一受けたい授業』に

肩こりの専門家

吉田一也(よしだかずや)先生

が出演されます。

この記事では

  • 吉田一也先生のお店の場所
  • 吉田一也先生のお店の施術料金
  • デルマテープについて
  • 吉田一也先生の著書

などについてご紹介していきます。

それではさっそく見ていきましょう!

吉田一也先生の活動

  • 人間総合科学大学で学生教育
  • 肩関節障害などの研究・論文執筆
  • 同業者(セラピスト)に対しての指導
  • 野球・アメフト等スポーツのメディカルサポート
  • テーピングの製品開発
  • 書籍執筆

大学准教授として研究、学生指導だけでなく

ご自分で得た知識を

同業者に幅広く伝える活動もしています。

各メディアへの出演も多く

肩こりに悩む人を一人でも減らす

活動を精力的に展開されています。

スポンサーリンク

吉田一也先生のお店の場所

吉田一也先生は指導や研究の傍ら

ご自身でお店も開業されていて

直接施術してもらうことが可能です。

肩専門店APULAアプラ高田馬場店

APULAは医心堂接骨院の2階で営業しています
施術受付は1階医心堂接骨院の受付で行います

吉田一也先生のお店の施術料金

肩専門店APULAアプラ高田馬場 公式HPより

吉田先生の

  • 丁寧なカウンセリング(原因追及)
  • 原因に対応した施術
  • アフターケア

により

「その場しのぎ」ではない

一人ひとりに合った

解決方法を提示していただけます。

予約をすることができますので

肩こりで悩んでいる方は

一度吉田先生に診ていただいてはいかがでしょうか。

第一線で活躍される先生のアドバイスは

非常に貴重なものとなるでしょう。

※詳しくはお店にお問い合わせください

肩専門店APULAアプラ高田馬場店

スポンサーリンク

デルマテープって何?

肩専門店APULAアプラ高田馬場 公式HPより

吉田一也先生は

テーピング理論にも精通しておられ

ご自身で開発された商品が

デルマテープ です。

俗に言う「キネシオテープ」を

”誰でも簡単に貼れて効果を発揮する”

という観点で開発されました。

本来のキネシオテープは

専門的な知識と技術がいるため

初心者では扱いにくいのが難点でした。

吉田先生の公式ホームページから購入できます。

というかここからしか買えないようです。

こちら→ 吉田一也先生 公式ホームページ

可能であれば

一度お店に行って

先生の指導を受けた上で使用すると

最大限の効果を発揮すると思われます。

吉田一也先生の著書

先生はご自身で研究されたことを

本にまとめています。

肩こり、首痛、頭痛は鎖骨を5秒ほぐすだけでなくなる!【電子書籍】[ 吉田 一也 ]

価格:1,430円
(2022/4/15 12:34時点)
感想(1件)

【送料無料】 病態動画から学ぶ臨床整形外科的テスト 的確な検査法に基づく実践と応用 実践リハ評価マニュアルシリーズ / 吉田一也 【本】

価格:5,280円
(2022/4/15 12:36時点)
感想(0件)

一般人向けのものから

”大学の先生”らしく専門書まであります。

肩こりは”慢性的”なものが多く

多くは「姿勢の悪さ」などの

生活習慣によるものが多いです。

吉田先生の施術を

しょっちゅう受けるというのは

現実的ではないと思いますので

こういった著書で解決できたら

とても嬉しいですね。

スポンサーリンク

まとめ

吉田一也先生

  • 人間総合科学大学准教授で学生を指導
  • 肩関節障害などの研究・論文執筆
  • 同業者(セラピスト)に対して指導
  • スポーツのメディカルサポートも行う
  • デルマテープを開発
  • 肩専門店APULAアプラ高田馬場店を運営
  • デルマテープは公式HPで購入可能
  • 著書多数

いかがでしたでしょうか?

「肩こり」はもはや

日本人の慢性的な症状

と言っても過言ではないと思います。

スマートフォンが普及したことで

さらに深刻度が増しています。

「マッサージ屋」さんは

街中に増えましたが

その中のどのくらいの人が

原因追及・改善指導

等の専門的アプローチができるでしょうか。

一番理想的なのは

『肩こり』に対して

自分自身が

正しい知識を付け

普段の生活で気を付ける

ことだと思います。

自分の身体は自分でケアしていきたいものです。

それでは今回の記事は以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう。

バラエティ
スポンサーリンク
サドバッチをフォローする
スマイル情報局

コメント

error: Content is protected !!