渋谷にギャルの女子高?!校長は元egg編集長の赤荻瞳!場所や応募条件などを紹介

暮らし

みなさん、こんにちは。

スマイル情報局です。(^.^)

今回は、渋谷に開校するギャルの女子高

渋谷女子インターナショナルスクール

についてご紹介していこうと思います。

この記事では

『渋谷女子インターナショナルスクール』2023年開校
『渋谷女子インターナショナルスクール』の場所・募集要項
校長は元egg編集長の赤荻瞳さん
くれまぐ(くれいじーまぐねっと)がイメージ

などについてお届けしていきます。

それではさっそく見ていきましょう。

『渋谷女子インターナショナルスクール』2023年開校

渋谷から世界へ 私の人生は私が決める

2023年4月28日(シブヤの日)に開校。

【特徴】

英会話・動画制作など、社会ですぐに⽣かせる技術を身に付けられる
高校卒業の資格を取ることができる
大学進学希望者へ徹底サポート

渋谷から世界に向けて活躍できる女性を輩出する

ことを目的として創設されていますので

専門講師の元、英会話をマスターすることができます。

これだけでも十分将来に役に立ちます。

【独自のカリキュラム】

  • 起業家コース
  • クリエイターコース
  • グローバルインフルエンサーコース
  • 進学コース

専門性の高い各コースが準備され

第一線で活躍する講師陣から直接学ぶことができます。

グローバルインフルエンサーコースなどは本当に「いまどき」ですね。

本来であれば個人による「カリスマ性」「センス」などの部分を

「学問」として学ぶことができるのは

おそらくここだけでしょう。

大学進学希望者への徹底サポートもあるのはいいですね。

スポンサーリンク

『渋谷女子インターナショナルスクール』の場所・募集要項

【渋谷女子インターナショナルスクールの場所】

渋谷のキャットストリートに開校という情報はありましたが

地図上では特定できませんでした。

パンフレットや募集要項には記載されているのかもしれません。

わかりましたら追記したいと思います。

【渋谷女子インターナショナルスクールの募集要項】

新入生・・・60 名程度
募集学科・・・一年次共通
2 年次から選択制

【スケジュール】

【学費】

一年次
入学金:150,000 円
教材費・施設設備費:150,000 円
行事関係費:90,000 円
授業料:900,000 円
初年度合計:1,290,000 円

二年次以降
教材費・施設設備費:150,000 円
行事関係費:90,000 円
授業料:900,000 円
二年・三年次度合計:1,140,000 円
上記以外で、提携通信制高校の学費が別途かかります。
※学費はすべて税込表示です。

条件によって学費が免除になる「特待生」の制度もあります。

この学費って高いと思いますか?

人それぞれだと思いますが

東京のど真ん中で最先端の技術を専門の講師から学べる
このカリキュラムの内容を他に学べるところがない

という条件を考えたら

「高い」「安い」の問題ではないと思うのです。

この金額をもって同じ講師陣に個人で教わろうと思っても

おそらく無理です。

誤解のないように言っておきますが

別に推しているいるわけではなく

金額価値の話をしているだけです。

日本にはこういった

やりたいことがあるのに学べる場がない

というジャンルがたくさんあります。

「スケボー」なんかもそう思います。

堀米雄斗さんや平野歩夢さんのおかげで

「良いイメージ」になってきましたが

不良がやる遊び
不良がたむろする場所になる

というイメージで、公園などでは禁止のところが多く

練習できる場所すらありません。

スケボーが本当に好きで

「ちゃんとした場所」で「ちゃんとした教育」を受けたら

不良にもならないと思います。

悪いイメージ = 場所がない

閉鎖的な年配の方からの見方などを考えると

これはもしかしたら

「ギャル」にも当てはまっているのではないかと思うのです。

そういった意味でも

『渋谷女子インターナショナルスクール』の開校は

画期的ですし、大いに期待したいところです。

募集要項など詳しくはこちら↓↓
『渋谷女子インターナショナルスクール』公式ウェブサイト

スポンサーリンク

校長は元egg編集長の赤荻瞳

社長 兼 校長 / 赤荻 瞳
渋谷女子インターナショナルスクール 公式ウェブサイトより

赤荻瞳(あかおぎひとみ)
ギャル雑誌『egg』の元編集長
当時21歳の若さで編集長に就任し、休刊中だった雑誌をWebで復刊させた
株式会社エムアールエー代表取締役社長
25歳(2022年5月20日時点)

まさにギャルのカリスマという方です。

渋谷を愛し、渋谷に恩返しするため

若い世代にもっともっと輝いて欲しい

世界で活躍して欲しい

そういった強い想いから

『渋谷女子インターナショナルスクール』の校長に就任したそうです。

『egg』の編集長時代から10代のモデル達の

いわば、お姉さん的存在で

そういった関係性、コミュニティの在り方は

まさしく当時から「学校」そのものだったのでしょう。

校長就任は自然な流れだったのかもしれません。

赤荻さんいわく

普通の高校では、一般企業に勤めたことがない先生がほとんどだと思います。ここでは、社会に出てプロとして活動している人たちのリアルなノウハウを学ぶことができます。

いや、本当にその通りだと思います。

そういった第一線で活躍する専門の講師陣を揃えていることも

『渋谷女子インターナショナルスクール』の強みの一つでしょう。

スポンサーリンク

くれまぐ(くれいじーまぐねっと)がイメージ

『渋谷女子インターナショナルスクール』のイメージキャラクターとして

くれいじーまぐねっと(くれまぐ)が採用されています。

中高生に絶大な人気を誇る3人組YouTuberです。

@shibujyo_0428

渋谷女子インターナショナルスクール開校!高卒と社会で直ぐ役立つ技術を得よう!#渋女 #シブジョ#高校 #女子高生渋谷女子インターナショナルスクール@luv02uran @volbic_xx.86 @mei_asami_

♬ オリジナル楽曲 – shibujyo_0428 – shibujyo_0428

SNSを通してのインフルエンサーとして

『渋谷女子インターナショナルスクール』のイメージにピッタリですね。

渋谷のギャル女子高まとめ

  • 『渋谷女子インターナショナルスクール』が2023年4月28日(シブヤの日)に開校
  • 英会話・動画制作など、社会ですぐに⽣かせる技術を身に付けられる
  • 高校卒業の資格を取ることができる
  • 大学進学希望者へ徹底サポート
  • 起業家コース、クリエイターコース、グローバルインフルエンサーコース、進学コースの独自のカリキュラムを準備
  • 渋谷のキャットストリートに開校
  • 一期生は60名程度の募集
  • 「特待生」制度もあり
  • 校長は元egg編集長の赤荻瞳
  • くれまぐ(くれいじーまぐねっと)がイメージキャラクター

いかがでしたでしょうか。

『渋谷女子インターナショナルスクール』のウェブサイトを見て

赤荻瞳さんの熱い想いを読んでいたら

とてもワクワクしてきました。

何十年か前に時が止まってしまっているような

高校の校則に「我慢する日々」を送らなくていいのです。

『世間のギャルのイメージ』という話題に触れましたが

付け加えてお話しますと

校長の赤荻瞳さんはeggの編集長時代から

10代のモデル達に対して

遅刻や忘れ物は許されない
挨拶などの礼儀は絶対に身に付けてないといけない
撮影などの「仕事の意味」を理解できないといけない

というような『人間性』に関わる部分も

徹底的に教育してきています。

『渋谷女子インターナショナルスクール』でも

そういった『人間教育』が重要視されると思われます。

以前「ゆうちゃみさん」や「ギャルいかがですか?」の

記事を書かせていただいたことがありますが

ギャルの方々の「前向きなパワー」と「カリスマ性」は

本当に素晴らしく、見ていて元気をもらえます。

ギャルが日本を救うと言っても過言ではないと思います。

外国人も「日本のギャル」に注目する昨今

ギャルは日本の文化とも言えます。

インフルエンサーとしての影響力はすさまじく

「まったく最近の若いもんは」というおじさんの数百倍は稼いでいる

その現実を忘れることなく若い世代の活躍に期待したいです。

あと、私から親御さんへのお願いですが

娘さんに「興味ある」「行ってみたい」と言われたら

頭から否定せずに、ぜひ一緒になって

説明会や学校見学に参加されてみてください。

本当に子供のことを思うのなら

応援してあげることが一番ではないかと思います。

渋谷から世界へ羽ばたく女性が

一人でも多く生まれることを期待しています。

それでは記事は以上です。

ありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう。

暮らし芸能
スポンサーリンク
サドバッチをフォローする
スマイル情報局

コメント

error: Content is protected !!