埼玉『コバトン倶楽部』って?皆藤空良の出身地の祭とは?ひな人形や水上公園も【踊る!さんま御殿!!】

バラエティ

みなさん、こんにちは。

スマイル情報局です。(^.^)

6月7日(火)放送の【踊る!さんま御殿!!】

オール埼玉祭り

ということで

的場浩司さん、土田晃之さん、音月桂さん、ハライチさんなど

埼玉県出身の有名人の方が多数出演されます。

この記事では

6月7日の【踊る!さんま御殿!!】はオール埼玉祭り
土田晃之さん発言の『コバトン倶楽部』って?
的場浩司さん発言の『さいたま水上公園』
皆藤空良さんの出身地の祭とは?
埼玉県は『ひな人形』出荷額日本一
川口市は『本当に住みやすい街大賞2021』1位

などの内容でお届けしていこうと思います。

それではさっそく見ていきましょう。

6月7日の【踊る!さんま御殿!!】はオール埼玉祭り

【踊る!さんま御殿!!】は、6月7日(火)放送です。

今回のテーマは『オール埼玉祭り』です。

【出演者情報】
アンジェラ芽衣、イジリー岡田、音月桂、皆藤空良、小島奈津子、新内眞衣、土田晃之、豊田ルナ、ハライチ、的場浩司、みりちゃむ、森麻季(以上五十音順・敬称略)

埼玉県の自慢話を大披露ということで

いろんな「埼玉県あるある」が聞けるようです。

スポンサーリンク

土田晃之発言『コバトン倶楽部』って?

番組予告動画で、土田晃之さんがさんまさんに

「『コバトン倶楽部』知らないんですか?!」

と発言していますが

いや、知らん。(ーー;)

調べてみると『コバトン倶楽部』とは

埼玉応援団(愛称:コバトン倶楽部)

のようです。

埼玉県 公式ウェブサイトより

埼玉県では「○○県観光大使」「○○県親善大使」という名称をあえて使わず

「親しみやすさ」を重視してこのような名称にしているそうです。

現在、総勢27名の方がメンバーになっています。

放送回のスタジオ出演者だと

新内眞衣さん、ハライチさん、音月桂さん、土田晃之さん

がメンバーとなっています。

その他、北斗晶さん、ゴルフの石川遼さん、林家たい平さんなどもメンバーです。

名称の由来は、埼玉県の県民の鳥が「シラコバト」だからでしょうね。

『コバトン倶楽部』確かにかわいい名称です。

スポンサーリンク

的場浩司発言『さいたま水上公園』

こちらもまた番組予告動画で

的場浩司さんが「水上公園すごかったなー」と

感慨深げに話されていました。

『さいたま水上公園』は、1971年(昭和46年)にオープンした

埼玉県上尾市にあった巨大なプール施設です。

的場浩司さんは上尾市出身でいわば「地元」です。

残念ながら、老朽化のため

令和4年2月27日(日)をもって営業を終了しています。

「上尾運動公園」の敷地の一部として県営で運営され

オープン当時は「東洋一」の規模だったそうです。

埼玉県民の方にとっては

子供の時に親に連れて行ってもらった
高校生の時に友達と行っていた
昔デートで彼女と一緒に行った

など非常に思い出深い場所だったのではないでしょうか。

思い出の場所がなくなってしまうのはやはり寂しいですね。

スポンサーリンク

皆藤空良の出身地の祭とは?

出演者の中にイケメン新人俳優

皆藤空良(かいとう そら)さんがいらっしゃいます。

2003年5月20日生まれの19歳(2022年6月1日時点)

ホリプロに所属している俳優さんです。

皆藤空良さんの出身地は埼玉県の熊谷市です。

何やら「祭り」のことについて語って

的場浩司さんに「ガヤ」を入れられています。

熊谷市にはたくさんのお祭りがあり、代表的なものには

関東一の祇園「熊谷うちわ祭」
荒川の夜空を華やかに染める「熊谷花火大会」
勇壮な「あばれ御輿」

などがあります。

熊谷市といえば、2018年7月に

国内観測史上最高の41・1度を記録し

「日本一暑いまち」として話題になったこともありました。

気温と同じように、「熱い血」が流れる

「祭り」の文化が根付いている土地でもあるのですね。

スポンサーリンク

埼玉県は『ひな人形』出荷額が日本一

お次は埼玉県が誇る「日本一」を見ていきましょう。

代表的なものに『ひな人形』があります。

昭和37年以来、49年連続してひな人形出荷額が日本一で

岩槻市・鴻巣市で伝統工芸品としてつくられています。

出演者では元宝塚トップスター『音月桂さん』が鴻巣市出身です。

鴻巣市 ホームページより

鴻巣市名物の『ピラミッドひな壇』。圧巻です!

川口市は『本当に住みやすい街大賞2021』1位

お次の「日本一」は川口市から。

川口市は、住宅ローン専門金融機関ARUHI(アルヒ)が発表した

「本当に住みやすい街大賞2021」第1位を獲得しました。

ちなみに2年連続の1位受賞です。

住環境・交通利便・教育環境・コストパフォーマンス・発展性

の5つの評価基準から審査されています。

「住んでみたい」ではなく「住みやすい」という

現実的な居住データを元に選ばれています。

川口市は特に「発展性」の分野での評価が高く

近隣に便利な商業施設が多い
他都市と比べても中古マンションの価格が2、3割安い

などの理由が挙げられるそうです。

番組出演者で川口市出身は、アンジェラ芽衣さんと

元日テレアナウンサーの森 麻季さんがいらっしゃいます。

スポンサーリンク

【踊る!さんま御殿!!】オール埼玉祭り まとめ

  • 『コバトン倶楽部』とは「埼玉応援団」のこと
  • 埼玉県では「○○県観光大使」「○○県親善大使」という言葉は使わない
  • 『コバトン倶楽部』の由来は県民の鳥「シラコバト」から
  • 上尾市『さいたま水上公園』はかつて「東洋一」の規模を誇っていた
  • 『さいたま水上公園』は令和4年2月27日で営業を終了
  • イケメン新人俳優の皆藤空良は熊谷市出身
  • 熊谷市は「熊谷うちわ祭」「熊谷花火大会」「あばれ御輿」など祭り・イベントが豊富
  • 埼玉県は『ひな人形』出荷額が日本一
  • 『ひな人形』は岩槻市・鴻巣市の伝統工芸品
  • 鴻巣市名物の『ピラミッドひな壇』は圧巻
  • 川口市は「本当に住みやすい街大賞」で2年連続で第1位を獲得

いかがでしたでしょうか。

さすが埼玉県、ちょっと調べただけでも

たくさんの魅力を発見することができました。

ちょっとした社会科の勉強みたいで楽しかったです。

もちろん、この他にもアピールポイントは

まだまだあることでしょう。

番組のやり取りでは、何やら学校で「点呼を取る」時に

「はい!元気です!」と自分の体調を報告するというのが

埼玉県の常識のようですね。

「方言」もそうですが

一つ一つの県ごとに特徴があるのもおもしろいですね。

【踊る!さんま御殿!!】オール埼玉祭りは6月7日(火)放送です。

放送を楽しみに待ちましょう。

それでは記事は以上です。

ありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう。

コメント

error: Content is protected !!