レミたんのポジティブ思考でGWの憂鬱を解消!子育ての参考にも【ノンストップ!】

暮らし

みなさん、こんにちは。

4月29日の『ノンストップ!』に

レミたん こと

どい れみい あんり
土井 レミイ 杏利

さんが出演されました。

本日からGW(ゴールデンウィーク)に突入し

長い方は10連休となります。

ただ、長い休みの反動で

「学校に行きたくない」
「会社に行きたくない」

休み最終日にはとても憂鬱な気持ちになってしまいますよね。

そんな憂鬱な気持ちを吹き飛ばす

レミたんの『ポジティブ思考』を見ていきます。

「考え方」を変えるだけで人生は楽しくなる!

それではさっそく見ていきましょう!

スポンサーリンク

土井 レミイ 杏利 さんについて

土井 レミイ 杏利(どい レミイ あんり)
生年月日:1989年9月28日
年齢:32歳(2022年4月29日時点)
出身地:フランス・パリ 千葉県成田市
職業:ハンドボール選手
身長:180 cm 体重:80 kg
出身高校:浦和学院高等学校 日本体育大学

フランス人の父と日本人の母をもつハーフ
ハンドボール元日本代表
TikTokのフォロワー数580万人
中高生に大人気
ポジティブ語録の本も

レミたんのポジティブ思考 ”逃げられない”なら”楽しめ”ばいい! [ 土井 レミイ杏利 ]

価格:1,650円
(2022/4/29 12:11時点)
感想(0件)

TikTokに「おもしろ動画」をあげ

中高生に大人気です。

以下、本記事では

”レミたん”と呼ばせていただきます。

スポンサーリンク

番組に寄せられた悩みを解決!

番組内では

視聴者から寄せられた悩みを

どのように解決(考えていくか)

レミたんがコメントしていました。

一つずつご紹介していきます。

基本的な考え方

レミたんは冒頭

「間違ってほしくないのは」

と前置きした上で

ネガティブな考え方を否定しているわけではない。どうあがいても「結果」は変わらない。しかし、結果の『捉え方』によって将来が大きく左右されてしまう。だから、ポジティブな選択肢を常に選んできた。

と話されています。

学校に行きたくない子どもへの親の考え方

まだ学校になじめていないお子さんが

GW明けに「学校に行きたくない」

と言った時にどのように接するか?

簡単な目標を親が一緒になって設定してあげる

レミたんはこのように解答し

学校に行く楽しみを親と一緒に考える

この「親と一緒に」ということがポイントだそうです。

簡単な目標とは、例えば

「今月中に友達を一人作る」 など

「友達できたら家へ呼んでいいよ。」

など親が関わりながら関係を築く。

この話の中でレミタンは

子どもにとって「親が一番の親友」

みたいな関係づくりが

大切だと説いていました。

そうすることで会話が増えるそうです。

まだまだ日本では

「友達のような親」って

受け入れられづらいですよね。

日本は昔から、特に父親の立場に関して

親には威厳がないとダメ
子どもが勘違いして生意気になる

など否定的な意見がまだまだあると思います。

ただ、親の「威圧感」があっては

「子供から親への積極的な会話」

は生まれないでしょうね。

高校受験に失敗することが怖くて不安でいっぱい

受験が控えているが勉強に集中できず

受験に失敗したらどうしようといつも不安

という意見に対し

分からない未来を想像して不安になるのが一番良くない

とコメント。

自分は将来に対しての不安を一度も持ったことがない

とも話しています。

解決の考え方として

不安を抱く自分を否定しない
失敗がないと成長できない

と失敗を恐れず

「やるべきことをやる」

ことを説かれていました。

スポンサーリンク

自分の失敗で試合に負けた時

ハンドボールの日本代表まで務めた

レミたんでこそ聞ける質問ですね。

いわゆる「自分のせいで試合に負けた時」

どんな考え方をすべきか。

弱い自分を楽しめ

弱い自分は成長過程にある 今しかない自分を楽しめ

という意味だそうで

成功にとらわれるな 成長にとらわれろ

というサッカーの本田圭佑さんの話を引用されています。

レミたんは自分の成長のために

むしろ失敗を常に求めている

とも話しています。

話を聞いていた芸人の竹山さんは

ミスで負けた時は落ち込むけど、30年経って仲間と飲んだ時に(いい思い出になって)めちゃくちゃ楽しいよ

とも語っています。

「先輩がミスしてたらレギュラーになれたのに」

と子供が言ったら親として何と言うか

の問いに対して

他人の不幸より自分の幸せを探す

とコメントし、加えて

そういった考え方であれば

「レギュラーになっても活躍するのは難しい」

とも話しています。

「先輩がミスしてたらレギュラーになれたのに」

という発言に対しては

「僕だったらその考えは否定する」

と話し

その先輩と比べて自分は何が足りないのか

を親が子供と一緒に考えることが大切

子どもが「自分で考える」クセをつけるため
親が答えを与えず、ヒントをあげる

というやり方を推奨していました。

確かに

自分が成長できた上でレギュラーになれないと

何の意味もないですよね。

「レギュラーになること」が最終目標になると

”あらゆる手段”をつかって子供をレギュラーにさせる

モンスターペアレンツになってしまいますね。

SNSで注目させるコツ

TikTokのフォロワー数580万人

を誇るレミたん。

コツはいったい何なのか。

気になりますよね。

ご自身のこだわりとして

以下の4つを挙げておられました。

TikTokは「トレンド」がありますが

トレンドだけではなく

「自分らしさ」を出すことが大切

と話しています。

あとは

世界中の人に見てもらえるように

「言語を必要としない」
「誰が見てもわかる」

動画を心掛けているそうです。

スポンサーリンク

まとめ

土井 レミイ 杏利

  • フランス人の父と日本人の母をもつハーフ
  • ハンドボール元日本代表
  • TikTokのフォロワー数580万人
  • 中高生に大人気
  • ポジティブ語録の本も出版
  • ポジティブな選択肢で将来を明るくすべし
  • 親は子供の「一番の親友」であるべし
  • 弱い自分を認めつつ「失敗」して成長すべし
  • むしろ失敗を求め、自分の成長を楽しむべし
  • 他人の不幸より自分の幸せを探すべし
  • SNSは「自分らしさ」を出すべし
  • 見た人が楽しくなる幸せになるものを目指すべし

いかがでしたでしょうか?

「でも俺、ネガティブだしな」

と思われた方、大丈夫です。

自分のネガティブさを受け入れる

ことが大切だということです。

「ポジティブ」で有名なレミたんですが

おそらく

楽観的に考えられるまで、できる限りの努力

をしているのだと思います。

ここまでやったなら
結果がどうあれ後悔しない

その領域まで常に自分をもっていく

ということなのだと思います。

ただ

「ポジティブ」ばっかりだと

疲れ果ててしまうため

やる時はやる!という

スイッチの切り替えが大切だと思います。

これはご自分の心と要相談ですね。

連休明けの憂鬱さを考えるより

休みの今を目一杯楽しみましょう!

それでは記事は以上になります。

ありがとうございました。

次の記事でお会いしましょう。

暮らし
スポンサーリンク
サドバッチをフォローする
スマイル情報局

コメント

error: Content is protected !!