村雨辰剛が【徹子の部屋】に出演!朝ドラ『カムカムエヴリバディ』が話題!結婚や自宅や猫や名前の由来も!

芸能

みなさん、こんにちは。

スマイル情報局です。(^.^)

6月1日(水)放送の『徹子の部屋』に

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』にも出演された

スウェーデン出身イケメン庭師

村雨辰剛(むらさめ たつまさ)さん

が出演されます。

この記事では

村雨辰剛さんが『徹子の部屋』に出演
村雨辰剛さんが朝ドラ『カムカムエヴリバディ』で話題に!
村雨辰剛さんはイケメンだけど結婚してる?
村雨辰剛さんの自宅が見られる?
村雨辰剛さんの愛猫がかわいい
村雨辰剛さんの名前の由来は?

などについてご紹介していきます。

それではさっそく見ていきましょう。

村雨辰剛が『徹子の部屋』に出演

今回は二度目の出演になります。

一度目は2020年1月8日放送回でした。

「魂が生粋の日本人」だけあって

着物姿がめちゃくちゃ決まっててかっこいいですね。

「着せられてる」感がまるでありません。

日本人だから似合うとか、外国人だから似合わないとかでなく

好きで着ている、着慣れている

ということなんでしょうね。

あまりに自然で不思議な感じすらします。

スポンサーリンク

村雨辰剛が朝ドラ『カムカムエヴリバディ』で話題に!

Real Sound 映画部 『カムカム』村雨辰剛のマルチな活躍より

いやー、かっこいい!!

これは「イケメン」ではなく『ハンサム』です。

村雨さんも愛する「古き良き日本」の表現ということで。

作中ではロバート・ローズウッド将校の役を演じ

お茶の間では「このかっこいい外国人は誰?!」と話題になりました。

実は村雨辰剛さんは演技の経験がほとんどありませんでしたが

なるべくアメリカ人になりきるように努力しました。アメリカ人の友だちと会話して、ちょっとその英語が移るようにとか、間違いを注意してもらったりとか、できるだけのことはしたつもりです。

と自身の「真面目さ」で役に取り組んでいました。

安子役の上白石萌音さんに対しては

プロフェッショナルで、大人で、すごくしっかりしている

と絶賛していました。

何にでも興味をもって挑戦する村雨辰剛さん。

今回の出演で「演技」という新たなジャンルとの出会いになったことでしょう。

スウェーデンの家族も「役者」としての仕事に喜んでいたようです。

以前記事で書いた「もう中学生」さんといい

NHKさんはなかなかにくいキャスティングをしますね。

スポンサーリンク

村雨辰剛はイケメンだけど結婚してる?

ここまで「ハンサム」だと結婚しているのか気になりますよね。

村雨辰剛さんは一度結婚されていますが

庭師の修行をされていた時に離婚されています。

娘さんがいらっしゃることをインタビューで話していますが

ご自身の生活の中でまったく娘さんの姿が見られないので

おそらく離婚された元奥様に親権があるのだと推察されます。

離婚の原因は本人の口からは語られてはいないようですが

「庭師として修業中」という状況を鑑みると

収入面であったり、家族との時間であったり

奥様が求める将来であったり、に

少しずつズレが生じてしまったのではないかと

勝手に憶測しています。

村雨辰剛さんは「真面目」である反面、おそらく

「自分で決めたことに一切の妥協はしない」という

頑固な面も持っていると思われるので

そのへんが奥様と合わなかった可能性があります。

逆に言うと「人に合わせて生きる」という

中途半端なことはしないという覚悟を持って生きている

とも言えます。

これは勝手な私の憶測ですが

皆さんはどう思われますか?

スポンサーリンク

村雨辰剛の自宅が見られる?

村雨辰剛さんはご自身のYouTubeチャンネルがあり

その動画で「ご自宅」を拝見することができます。

住所は公開されていませんが

「田舎暮らし」とおっしゃってるので

関東圏の自然豊かなところ、なのでしょう。

中古で購入されたのか、賃貸なのかはわかりません。

ご自分でDIYされてますね。

大好きな「筋トレ」部屋もあるようです。

上記の動画の中で

箪笥なんかも、大量生産品を何回も買い換えるのではなくて、すごくいいものを一つ買って一生使うという方が好き。「良いもの」に囲まれて生活したい。

ということをおっしゃっていました。

こういう感覚って、今の日本人は忘れがちかもしれません。

どうしても「安い」ものを買ってしまいがちですよね。

やはり歴史あるものは風情を感じます。

村雨さんのご自宅がどんどん仕上がっていくのがとても楽しみです。

スポンサーリンク

村雨辰剛の愛猫がかわいい

村雨辰剛さんはご自宅で猫を飼っています。

名前は「芽吹き」(めぶき)で「め」ちゃんと呼んでいるそうです。

かわいいですよね。メスだそうです。

踏切の近くで鳴いていたのを保護したのが出会いだそうです。

村雨辰剛さんはもともと動物が好きで

猫も飼ってみたいと思っていたそうです。

日本でよく見る、ケージに動物が入れられて売られている

いわば「ペットショップ」の在り方というのは

北欧の方では「残酷」というイメージなんだそうです。

ペットショップで買う、という選択肢以外で

猫との出会いを求めていたところ

芽吹きちゃんに出会ったそうです。

こういうのを「運命の出会い」というんでしょうね。

芽吹きちゃんもいいご主人様に巡り合いました。

スポンサーリンク

村雨辰剛の名前の由来は?

戦国漫画に出てきそうなかっこいい名前ですが

名前の由来、気になりませんか?

スウェーデン出身の村雨さんは

2015年(26歳の時)に日本国籍を取得しています。

そのタイミングで村雨辰剛の日本名を付けました。

ちなみに元の名前はヤコブ・セバスティアン・ビヨークです。

苗字の「村雨」は歴史小説家の村雨退二郎から

名前の「辰剛」は、辰年生まれなので「辰」と

親方の名前の「剛」をもらったそうです。

最終的にものすごくかっこい名前になりました。

親方の名前の一字をもらう、なんて

昔の日本の「家督」みたいですよね。

昔は先祖から漢字一字をもらって命名していました。

私の祖父も、父もそうでした。

この記事の最初の方で「魂が生粋の日本人」という表現をしましたが

村雨辰剛さんがすごいと思うのが

日本の「見てくれ」だけマネしてるのではなく

伝統的な考え方やしきたりを重要視しているところです。

庭師として修業していた時も

今では「古い考え」で一蹴されてしまいそうな

「師弟制度」を求めていました。

噺家さんなどの伝統芸能にはよく見られます。

師匠に四六時中お供して

呼吸、技、考え方を肌で学ぶ

といった考え方ですね。

日本人すら忘れてしまっている日本人らしさ。

村雨辰剛さんのような「日本を心底愛する外国出身者」に

我々が教えてもらう時代になったのかもしれません。

スポンサーリンク

村雨辰剛のまとめ

  • 6月1日(水)放送の『徹子の部屋』に出演(出演は二度目)
  • 朝ドラ『カムカムエヴリバディ』ロバート・ローズウッド役
  • 役者の経験はほぼなく、自分なりの努力で演技した
  • 一度結婚したが離婚し、娘がいる
  • YouTubeチャンネルにて自宅の様子を動画配信している
  • 自宅には「筋トレ」部屋も完備
  • 持つものは「良いもの」にこだわる
  • 自宅で「芽吹き」という猫を飼っている
  • 「芽吹き」とは踏切近くで出会った
  • 苗字の「村雨」は歴史小説家の村雨退二郎から
  • 名前の「辰剛」は、辰年生まれなので「辰」と親方の名前の「剛」から
  • 庭師の「師弟制度」を志願した

いかがでしたでしょうか。

村雨辰剛さんは本当に日本が好きなんだと伝わってきました。

村雨辰剛さんを様々な角度で見てきましたが

魅力は「真面目さ」「行動力」「日本への愛」でしょう。

現在、タレントとしても活動していますが

本人のコメントを読むと

プライベートな部分をさらして欲しくない

という気持ちが強いようです。

間違っても

”動画から自宅の住所を特定する”

なんてマネはしないようにしましょう。

朝ドラ出演も話題になりましたので

役者としてのお仕事も今後増えるかもしれませんね。

「ハンサム」な村雨さんをまた見たいですね。

それでは記事は以上です。

ありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう。

芸能
スポンサーリンク
サドバッチをフォローする
スマイル情報局

コメント

error: Content is protected !!