コメ兵鑑定士『小上馬舞』(こじょうま まい)の【セブンルール】気になる年収は?オンラインや買取も

暮らし

こんにちは。スマイル情報局です。(^.^)

6月21日の【セブンルール】

コメ兵の鑑定士 小上馬舞(こじょうま まい) さん

が出演されます。

東海地方や東京にお住まいの方はご存知だとは思いますが

「コメ兵」(こめひょう)ってどんな会社なんでしょう?

この記事では

コメ兵の鑑定士 小上馬舞さんが【セブンルール】に登場
小上馬舞さんの仕事内容や年収など
株式会社コメ兵ホールディングスってどんな会社?

などの内容でお届けてしていきます。

それではさっそく見ていきましょう。

コメ兵の鑑定士『小上馬舞』が【セブンルール】に登場

小上馬舞の仕事内容や年収など

どんな仕事をしている?

小上馬舞(こじょうま まい)さんは2015年にコメ兵に入社し

現在は「KOMEHYO」の銀座店で、ブランドバッグの鑑定士として働いています。

学生時代はオーストラリアに短期留学の経験もあり

その時に『言葉の壁』を感じたことから

コミュニケーションの大切さや奥深さを考えるようになったそうです。

大学でも言語と非言語双方の『対人コミュニケーション』について学んており

1対1のコミュニケーションである「接客業」のキャリアを積んできたと言えます。

「真贋術」(本物か偽物か見分ける)の知識は当然のこと

希望に添えなかったお客様への「言葉のかけ方」などに非常に気を遣い

いかにお客様との距離を縮めるか日々努力されているそうです。

「家宝」を譲っていただいた思い出

小上馬舞さんはお客様に「どれだけ信頼してもらえるか」を大事にしており

コミュニケーションをとても大切にしているそうです。

そんな中、あるお客様から「家宝」としていた

エルメスのクロコ革のバーキン

小上馬舞さん指名で譲っていただいたそうです。

ちなみに値段を調べてみると

〇百万円~〇千万円もするようです。

種類によって差はあるようですが「家宝」にするだけありますね。

このエピソードを聞いても

「お客様との信頼関係」がどれほどのものか予想できます。

気になる年収は??

高級バッグを日々査定、買取している小上馬舞さんですが

さぞかしいいお給料をもらっているだろうと考えてしまうのは私だけではないはず。

当然、給与明細を見せてもらうわけにはいかないのでネットで調べてみました。

転職・求人doda(デューダ)「コメ兵」給与情報より

小上馬舞さんは年齢的にも30歳前後

「鑑定士」の資格もあることから

上記のモデル例、年収は480万円程度ではないかと予想されます。

この金額、どう受け止められますか?

私はとても羨ましいです。(T_T)

スポンサーリンク

株式会社コメ兵ホールディングスってどんな会社?

コメ兵の歴史

1947年に石原大二さんが創業。

戦後に、リヤカー、自転車で家々を回り、古着を売ってもらっては行商で販売。

古着のニーズは高く、面白いように売れたことがのちの店舗出店につながったそうです。

人間に絶対必要な「衣・食・住」の中で「衣」に着目した点

古着を譲り受けて販売する手法など

企業の原点がもうすでに「ビジネスモデル」として確立されていることに驚きます。

現在では衣類だけでなく高級バッグ、時計、楽器など

専門的知識を備えるスタッフが各分野に揃っています。

オンラインストア

『コメ兵』は実店舗だけでなくオンラインストアも備え

前述した「衣類、高級バッグ、時計、楽器」などが

オンラインストアではすべて見ることができます。

コメ兵のオンラインストアを見てみる →こちら

買取

小上馬舞さんも責務を担う「買取」ですが

実店舗の買取の他に「KAITORI GO」というイベントを行い

デパートの一角に買取スペースを設けたり

移動車の中で買取を行ったりとアイデア満載です。

こちらの「移動買取車」は各ニュースでも話題となりました。

日刊工業新聞ウェブサイトより

YouTubeチャンネル

コメ兵のスタッフさん達は

「お客様にとってプラスになる情報の発信」を常に考えています。

その中で生まれたのがこのYouTubeチャンネルです。

「興味はあるけど選ぶ基準がわからない」

などのお悩にも対応しています。

人間心理として「売り込み感」が強いと逃げたくなりますよね。

購入の際、店員さんに相談できるというのは非常に強みだと思います。

スポンサーリンク

『コメ兵』小上馬舞のまとめ

  • 『コメ兵』小上馬舞が6月21日の【セブンルール】で紹介
  • 小上馬舞は学生時代はオーストラリアに短期留学の経験もあり
  • 小上馬舞は「1対1のコミュニケーション」をとても大切にしている
  • お客様から家宝のエルメスバーキンを買い取った経験がある
  • 小上馬舞の年収は480万円くらい?
  • 『コメ兵』は古着を売り歩いたのが始まり
  • オンラインストアの内容が充実
  • 「KAITORI GO」など独自の買取方法が話題
  • お客様のことを考えたYouTubeチャンネルも

いかがでしたでしょうか。

『コメ兵』という会社を知れば知るほど

「温かみのある会社だな」と感じました。

コロナ禍の時は当然売り上げが落ち

お客様に接する機会も激減する中で

「どうしたらいいか」をスタッフが考えアイデアを出し

それが今、花開き、売り上げに反映している感じです。

新入社員の育成プログラムも充実しているのでしょうが

それ以上に「社員一人一人が考える」ことが

一番の強みなのではないかと感じました。

小上馬舞さんもそんな中で着実に実力を付けてこられたのだと思います。

素敵な会社ですね。

【セブンルール】の放送は6月21日です。

それでは今回の記事は以上です。

ありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう。

暮らし
スポンサーリンク
サドバッチをフォローする
スマイル情報局

コメント

error: Content is protected !!