JPは性格もイケメン!松本人志共演動画も【千原ジュニアの座王】出演

バラエティ

2022年現在大ブレイク中のものまねタレント

JP さん

『千原ジュニアの座王』に出演されます。

この記事では

  • JPの『千原ジュニアの座王』に出演
  • JPと松本人志 共演動画
  • JPは素顔がイケメン!
  • 2022年大ブレイクの理由

などについて

考察を交えながら見ていきたいと思います。

それではさっそくいってみましょう!

JPが『千原ジュニアの座王』に出演

5月3日(火)夜11時から放送

番組の内容は

「イス取りゲーム」を使ったお笑い”即興力No1決定戦”

出演者は錚々たるメンバーです。

千原ジュニアの座王 公式ウェブサイトより

『ネタ披露』ではなく

お笑いの「瞬発力」が試される内容ですね。

「IPPONグランプリ」などと同じように

芸人としての「実力」が試されます。

オンエアが楽しみですね。

スポンサーリンク

JPと松本人志 共演動画

上記の動画でもご覧いただきましたが

JPさんと言えば、やっぱり

松本人志さんのモノマネですよね。

ワイドナショーでは

松本さんの「代役」として注目を集めました。

JPさんと松本人志さんが共演したCMがこちら。

文字通り、松本さんの「偽物」という設定で登場。

間宮祥太朗さんも共演し、豪華です。

それにしても

ほんと、似てますよね。

JPは素顔がイケメン!

研音 – KEN ON 公式ウェブサイトより

今や「松本人志さんの顔」で

出演されることが多くなりましたが

素顔は本当にイケメンです。

気になる芸名「JP」の由来ですが

単純明快

本名が

前坂 淳平(まえさか じゅんぺい)

なので、じゅんぺいから「JP」というわけですね。

スポンサーリンク

2022年大ブレイクの理由

2022年に入り

各番組引っ張りだこのJPさんですが

ブレイクの理由を考えてみたいと思います。

1,松本人志のものまねができる唯一の人

大御所「松本人志」のモノマネ

この高い壁に挑戦し

しかもここまで似ていて面白い人は

JPさん以外おらず

もしかしたら今後も現れないかもしれません。

前述しましたが、この

松本人志さんのモノマネで

『ワイドナショー』では

コロナウイルスの濃厚接触の疑いでお休みした

松本さんの代役まで果たしています。

この出演でさらに知名度が上がり

他の番組へのオファーに繋がっています。

「即興力」にも長ける芸歴の長さ

JPさんは声優の養成所を経て

NSC大阪校に27期生として入学。

2002年にものまねタレントとしてデビューしました。

当初はテレビのオーディションには落ち続け

ショーパブなどで腕を磨き続けたそうです。

養成所などで基礎を学び

下積み時代が長かったこともあり

「場慣れ」している面もあります。

テレビの出演決定は

イレギュラーのものが多く

「番組出演オファーの電話がかかってきたのが2時間前

などという話もよく聞きます。

その中で着実に「結果を出せる」人なのでしょう。

JPさんの人柄

以前、インタビューで

ものまね芸人の大先輩である松村邦洋さんが

「ああいう腰が低い人売れるよね」

とJPさんの「実力」と「人柄」に対して

太鼓判を押しています。

またご自身のブログの中で

今の事務所の研音に入れたのも3年前のとてつもない、とんでもない出会いとご縁で声をかけて頂きました。ものまねのお店で毎日毎日ネタをやり気づけば35歳の中こんな、中年芸人をw拾って頂きました。
(中略)
今の事務所の方々そして事務所に入ってからの、お笑いと言う畑も違うのにお世話になって可愛がって下さった大女優、大俳優の皆様。事務所のスタッフの方々、そして、何よりもファンの皆様、本当にありがとうございました。

と周りへの感謝の気持ちを述べています。

「感謝できる人」は成功する可能性が高いですよね。

また、SNSを見ると

一般の方がJPさんと遭遇した際

ファン対応にも快く応じている姿が

多数見受けられ

優しい人柄がわかります。

タレントさんが「売れる」ということは

仕事ができる、要は

依頼側からの要望されていることを実現できる

ということだと思います。

やはりそれに応えられるだけの実力と

周りへの配慮ができる「人柄」という部分が

大きいのではないかと思います。

スポンサーリンク

まとめ

JP

  • 5月3日放送の『千原ジュニアの座王』に出演
  • タウンワークのCMで松本人志と共演
  • 素顔がイケメン
  • 芸名のJPは本名の「じゅんぺい」から
  • 2022年大ブレイク
  • 松本人志のものまねはJPにしかできない
  • 「即興力」「対応力」に長ける
  • 人柄が良く周りへの配慮ができる

いかがでしたでしょうか?

松村邦洋さんのコメントも紹介しましたが

松村さんも「ビートたけしさん」のものまねで

大ブレイクした方です。

JPさんに「自分と同じもの」を

見出しているのではないでしょうか。

JPさんはモノマネのレパートリー数も

本当にたくさんあるので

これからもメディアからのオファーが

殺到すると思われます。

今後の活躍に益々期待しましょう。

それでは本記事は以上になります。

ありがとうございました。

次の記事でお会いしましょう。

バラエティ
スポンサーリンク
サドバッチをフォローする
スマイル情報局

コメント

error: Content is protected !!