「東京タラレバ娘」の漫画家『東村アキコ』が「東村プロダクション」を設立!DB芸人て?【マツコ会議】

バラエティ

こんにちは、スマイル情報局です。(^.^)

7月23日放送の【マツコ会議】に人気漫画家

東村アキコ さん

が出演されます。

この記事では

『東村アキコ』さんが【マツコ会議】に出演
『東村アキコ』さんのプロフィールや代表作

『東村プロダクション』所属芸人(DB芸人)
拠点は「歌舞伎町Sparkle」

などの内容でお届けしていきます。

それではさっそく見ていきましょう。

『東村アキコ』が【マツコ会議】に出演

【マツコ会議】ですので、「中継」という形でのご出演です。

最近立ち上げたお笑い芸人プロダクションについて

現在の状況を説明されるようです。

『東村アキコ』のプロフィールや代表作

smart FLASH

東村 アキコ(ひがしむら アキコ)
生年月日:1975年10月15日
年齢:46歳(2022年7月20日時点)
出身地:宮崎県串間市
出身高校:宮崎県立宮崎西高等学校
出身大学:金沢美術工芸大学美術科油絵専攻
漫画家

【代表作】

『ママはテンパリスト』
育児エッセイ漫画
100万部を売り上げる大ヒット

『海月姫』
ファッションがテーマの漫画
第34回講談社漫画賞少女部門を受賞

『かくかくしかじか』
自身の半生を描いた漫画
第8回マンガ大賞
第19回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞受賞

『東京タラレバ娘』
第6回ananマンガ大賞の大賞

他多数。

【その他の活動】

2013年4月、京都精華大学マンガ学部客員教授に就任。

ドラマの脚本やCM出演など、活動は多岐に渡る。

スポンサーリンク

『東村プロダクション』とは?

2016年から本格的に始動。

元々は、まったく売れなかった旧友の芸人から

アキコ先生にお笑いライブを主催して欲しい
「M-1」に出場するために「東村プロダクション」所属と書かせて欲しい

という要望を受け

あれよあれよという間に「東村プロダクション」が完成。

漫画で得た収入の多くを運営費につぎ込み

必要な物品の購入から、ネタ作り、ライブ当日にはMC

たまにご自身も舞台でネタを披露するそうです。

さらに驚くことに

東村アキコさんは取り分を取らず

ギャラは「10-0」で芸人に渡しているそうです。

好きなことにお金を全力で使えているので無駄にはなっていない

と考えているそうです。

芸人にとっては神のような存在、オアシスのような場所ですね。

『東村プロダクション』の所属芸人

smart FLASH

ここで『東村プロダクション』に所属する芸人さんをご紹介しましょう。

※代表的な方々を絞って紹介しています。

【アムール】

左:虹組キララ 右:ロッキー(東村プロダクション公式)

【アンチックラバーズ】

左:石原昌美 右:石原石子

前述した「呑み友達の芸人」の2グループです。

どちらも「夫婦コンビ」です。

出発時はこのメンバーのみの所属でしたが

所属希望者を全員受け入れていたら

現在では総勢23名になっているそうです。

東村先生は

ただお金を出して芸人の面倒を見ている

ということではなく

ネタを書いたり、舞台に立ったりすることで

漫画にはない「予想できないおもしろさ」があって

勉強になると語っています。

本当にお笑いが好きなのでしょうね。

スポンサーリンク

DB(ドラゴンボール)芸人

『東村プロダクション』では

アニメ、ドラゴンボールのキャラの格好をして

ネタをやるのが定番のようです。

左1:ウィス:ロッキーさん
左2:ビーデル:虹組キララさん
左3:ヤムチャ:バードフミヤさん
左4:チチ:れっぴーずさん

「虹組キララ」さんと「ロッキー」さんは

前述した夫婦コンビ「アムール」のお二人です。

ちなみに「れっぴーず」さんは漫画家芸人でもあります。

スポンサーリンク

拠点は「歌舞伎町Sparkle」

『東村プロダクション』の拠点となっているのが

『歌舞伎町Sparkle』というスタジオ。

歌舞伎町Sparkle 公式
歌舞伎町Sparkle 公式

新宿駅東口から徒歩5分という好立地です。

こちらは「レンタルイベントスペース」となっていまして

お笑いだけでなく、舞台やトークイベントなど

様々なイベントで利用することができます。

BARも併設されています。

こちらの会場も

東村アキコ先生がお金を出して準備したそうです。

本当に至れり尽くせりです。

スポンサーリンク

『東村アキコ』『東村プロダクション』まとめ

  • 7月23日放送の【マツコ会議会議】に漫画家『東村アキコ』先生が出演
  • 番組ではリモートにて「東村プロダクション」の現状を語る
  • 東村アキコは金沢美術工芸大学美術科で油絵を専攻
  • 東村アキコの代表作は「ママはテンパリスト」「かくかくしかじか」など
  • 京都精華大学マンガ学部客員教授
  • CM出演、脚本提供など活躍は多岐に渡る
  • 東村プロダクションは売れない旧友芸人を救うために立ち上げた
  • 最初は2組だけの所属だったがいつの間にか増えた
  • 芸人に渡すギャラは「10-0」
  • 所属芸人は「アムール」「アンチックラバーズ」が古株
  • DB(ドラゴンボール)芸人が話題
  • 拠点は「歌舞伎町Sparkle」

いかがでしたでしょうか。

一言で言うと

東村アキコ先生、楽しそうですね。

人気漫画家になってお金を稼いで

世間的に見れば「成功者」になったわけですが

「お笑いからまた新しい世界を学ぶ」

というところに頭が下がります。

「お金の正しい使い方」を学んだ気がします。

ちなみに、ご紹介しませんでしたが

東村アキコ先生は「本業」でも手を抜いていません。

本業だけでも忙しいはずなのに

いったいどこからそんなバイタリティーが生まれるのでしょうか。

『東村プロダクション』のメンバーは

もう家族のようなものなのでしょうね。

所属芸人の皆さんも

何が何でも売れて、アキコ先生に喜んで欲しいと

心から思っていることでしょう。

【マツコ会議】は7月23日夜11時からです。

それでは今回の記事は以上です。

ありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう。

コメント

error: Content is protected !!