電動キックボードは免許もヘルメットも不要?規制緩和のルールやレンタル(シェア)料金の情報も

暮らし

みなさん、こんにちは。

今、何かと話題となっている

電動キックボード

欧米などの若者を中心とした爆発的な人気を受けて

日本でも利用者が増えてきています。

最近では道路交通法改正案可決のニュースもありました。

今回は

電動キックボードに免許・ヘルメットは必要か?
電動キックボードの飲酒運転
おすすめの電動キックボード

電動キックボードのレンタル(シェア)と料金

などについて見ていきたいと思います。

電動キックボードの性能や危険性

法律や条例などの情報を得て

正しく理解することが事件や事故を防ぐことに繋がります

それではさっそく見ていきましょう。

電動キックボードに免許・ヘルメットは必要か?

電動キックボード等の車両区分を新しく定める

道路交通法の改正案が

4月19日衆議院で可決されました。

2年以内の施行を予定されています。

【改正案施行後の電動キックボードの扱い】※主なもの

  • 最高速度が20km/h以下等、一定要件を満たす電動キックボードが「特定小型原動機付自転車」という新しい車両区分に
  • 16歳以上であれば、免許不要で乗車が可能となる
  • ヘルメットの着用は任意となる
  • 車道に加え、普通自転車専用通行帯、自転車道の走行が可能となる

まず、気になる「免許は必要か」ということですが

16歳以上は免許不要です。

「じゃあ、16歳未満は免許を取れば乗れるの?」

という話になりますが

16歳未満の運転は禁止する となっています。

このへんの表現の仕方がややこしいところです。

つまり、キックボードに乗るのに

「免許はないが年齢制限はある」

と覚えておくといいでしょう。

次に「ヘルメットはかぶらないといけないのか?」ですが

ヘルメットの着用は任意 となります。

ここで注意したいのは

「じゃあ、かぶらなくていい」と安易に思ってしまうことです。

ヘルメットはあくまで「自分の身を守るもの」です。

”規則”で判断するのではなく、あくまで

「自分の身を守るため」という判断基準をもってほしいところです。

改正案以前は「原動機付自転車」と同じ扱いでしたので

免許不要(年齢制限あり)
ヘルメット着用は任意

となったのが一番変わった点といえるでしょう。

今回新設となった「特定小型原動機付自転車」ですが

「原付バイク」と「自転車」の中間
どちからというと自転車寄り

というイメージでしょうか。

スポンサーリンク

電動キックボードの飲酒運転

「ルール」としてもう一つ確認しておきたいのが

飲酒した後の電動キックボードの運転

についてです。

結論から確認しますと、完全に違反です。

特に現状(2022年5月9日時点)では

法改正なだけで改正されたわけではありません。

つまり今は「原動機付自転車」の法律が適用されます。

そもそも「自転車の飲酒運転」も違反ですので

改正後も飲酒運転は当然「違反」です。

NHK newswebより

4月末には都内で一斉取り締まりが行われ

逮捕者も出ています。

”飲んだら乗るな” ですね。

スポンサーリンク

おすすめのキックボード(法改正前情報)

以下の製品は、雑誌『MONOQLO』6月号に

”おすすめ”として掲載されていたものです。

【公道走行可】 電動キックボード eXs1(エクスワン)

価格:54,208円
(2022/5/9 13:59時点)
感想(12件)

公道走行可能 保安部品完備 高性能 TVやネットで話題 電動キックボード ZERO9

価格:149,300円
(2022/5/9 13:57時点)
感想(3件)

お手軽な5万円台から、本格的な10万円クラスまであり

10万円クラスの方が

「機能」「安定性」「走行性」「操作性」

などが上がるそうです。

ただし、今回の法改正を受けて

各社メーカーも「法律」に合わせて

製品を作らざるを得ないので

全体的な製品の見直し

を余儀なくされることが予想できます。

ということで購入を考えている方は

もうちょっと待つことをおすすめします。

スポンサーリンク

電動キックボードのレンタル(シェア)と料金

上記でご紹介したように結構な値段がする電動キックボード。

じつはレンタル(シェアリング)サービスもあります。

株式会社Luupウェブサイトより

株式会社Luup さんです。(岡井 大輝代表)

「レンタル業務」というよりは

「駅から移動をよりスマートに」というような

企業のコンセプトのようです。

電動キックボードだけでなく

王道の自転車を含め

その他、多様なモビリティが利用できます。

自転車のレンタルのように

ある場所で借りて、違う場所に戻す

ということが可能です。

気になる料金ですが

【ライド料金】(初乗り)50円(税込)
【時間料金】1分あたり 15円(税込)

仮に30分乗ったとすると
50+(15×30)=500円

専用のアプリがあり

支払いはクレジットカードを登録して行うようです。

利用できる場所は、東京・横浜・大阪・京都 です。

Luupさんはキックボードの

乗り方やルールについての講習会なども行っています。

詳しくはこちら→ 株式会社Luup ウェブサイト

スポンサーリンク

電動キックボード まとめ

  • 最高速度が20km/h以下等、一定要件を満たすと「特定小型原動機付自転車」
  • 16歳以上であれば、免許不要
  • 16歳未満の運転は禁止
  • ヘルメットの着用は任意
  • 車道に加え、普通自転車専用通行帯、自転車道の走行が可能
  • 飲酒運転は法律改正前も改正後も違反
  • 性能が良い製品が出ているが新法に合わせた製品作りが必須
  • 株式会社Luupなどのレンタル(シェア)利用も可能
  • 利用料金は30分で500円程度

いかがでしたでしょうか?

ネット上の意見を見ますと

危険、反対、道路状況が悪くなる

などのネガティブが多く見られます。

いつの時代も新しいものは始め否定されるものです。

今後細かい法整備が行われていくと思いますが

すべての物事に共通して言えるのは

事件、事故、迷惑行為などが増えれば、より『厳罰化」していく

ということです。

先ほどご紹介したLuupさんも

ルールを守らない利用者に対して利用禁止の措置を行うなど

問題行為に対して毅然とした態度を取っています。

法律やルールではなく

お互いの思いやりで利用が推進されていく

そんな世の中を作っていきたいものです。

利用される方はくれぐれも事故にはお気を付けください。

今後の法整備にも引き続き注目していきましょう。

それでは記事は以上です。

ありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう。

暮らし
スポンサーリンク
サドバッチをフォローする
スマイル情報局

コメント

error: Content is protected !!