洋楽っぽい?!次世代シンガーソングライター ao(アオ)【スッキリ】BUZZ-P

音楽

4月4日放送の『スッキリ』に

シンガーソングライターの『ao』さんが紹介されました。

この記事では

ao(アオ)さんのプロフィール
ao(アオ)さんの楽曲の数々
ao(アオ)さんの歌い方や曲作り

などについてご紹介していきます。

それではさっそくいってみましょう。

ao(アオ)プロフィール

ao(アオ)
2006年生まれ
2021年9月、メジャーデビュー。
ビクターエンタテインメント所属

今年の春から高校1年生。

義務教育を修了され本格的に音楽活動開始。

メディア露出も増えてくると思われます。

スポンサーリンク

楽曲の数々

aoさんの歌を聴くと、どれも

洋楽に聞こえるけれどよく聴くと日本語

という印象を受けます。

その理由について

本人が番組で解説していました。

スポンサーリンク

歌い方について

小さい時から洋楽が好きで

you tubeで聴きながら

洋楽の歌い方をマネしていたら

自然と身に付いた歌い方だそうです。

曲作りについて

12歳から楽曲制作を行っていて

曲を作る際は

「母音」を決めて

そこに日本語の歌詞を当てはめていく

という手法を用いるそうです。

洋楽の歌マネ
・洋楽をベースにした曲作り

基本は「洋楽」にあり

洋楽のリズムに歌詞を合わせていく

こういった曲作りが

独特の雰囲気を醸し出しているのでしょう。

本人は謙遜して

「エセ洋楽」と表現していました。

英語はネイティブ?

曲を聴くと

とてもきれいな英語歌詞で

「英語ペラペラなの??」

と思ってしまいますが

  • 海外生活の経験は一度もない
  • 英語が話せるわけではない

とおっしゃっていました。

自分の表現したいことに

うまく英語を合わせていった

ということなのでしょうね。

今後の活動

番組の中で

お客さんを呼んでライブをしたことがまだ一回もないので

ファンのみなさんと交流をしていきたい

と話すaoさん。

「ぜひスッキリのスタジオでも」

と促されると

「ぜひ!呼んでいただきたいです」

と快諾してらっしゃいました。

スポンサーリンク

まとめ・感想

スッキリMCの加藤浩次さんは

  • モノマネってやっぱり大事
  • モノマネを経て自分のものにしている
  • 今の時代、上手いだけでは通用しない
  • カッコいいと思えるかどうか
  • 時代の先を掴んでいる
  • ここからが楽しみ

とコメントしていました。

今の時代らしく

今しかないその時の想いを

曲という形で表現しているaoさん。

歌詞に共感できるファンも多いことでしょう。

今後はご本人の希望通り

ファンの前で歌い

交流を深めることで

また更に進化していくことが

予想されます。

これからにますます期待しましょう。

それでは今回の記事は以上になります。

ありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう。

音楽
スポンサーリンク
サドバッチをフォローする
スマイル情報局

コメント

error: Content is protected !!